英HSBCの4-6月:税引き前利益が予想以上、収入は伸び悩む

英銀HSBCホールディングスの4-6月(第2四半期)決算は、税引き前利益がアナリスト予想を若干上回った。収入は伸び悩み、アジア成長市場へのジョン・フリント最高経営責任者(CEO)の投資の成果がまだ表れてはいないことが示唆された。

  6日の発表によれば、調整後税引き前利益は61億1000万ドル(約6800億円)と、HSBCがまとめたアナリスト予想平均の60億5000万ドルを上回った。収入は調整後ベースで、前年同期比2%増の137憶ドル。

  2月に就任したフリントCEOは中国などアジアの主要市場での収益拡大を目指し、同地域で存在感を高めテクノロジーを革新させる計170億ドルの投資計画を発表したが、コスト増大や配当への影響が懸念された。

  HSBCはこの日、第2四半期の中間配当を1株当たり10セントとすると発表した。

原題:HSBC Second-Quarter Profit Beats Estimates, Revenue Gains Trail(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE