コンゴでエボラ出血熱が再流行、北東部の州で13件の感染確認

  • 北キブ州で25件は感染の可能性高く、近隣イトゥリ州でも疑い
  • 同国保健省は先月、北西部でエボラの終息宣言を出したばかり

コンゴ民主共和国(旧ザイール)北東部の北キブ州でエボラ出血熱の感染が少なくとも13件確認され、流行の度合いが警戒されている。

  世界保健機関(WHO)が電子メールで5日送付した資料によると、感染が疑われていた38件中、3日時点で13件は感染が確認され、25件は感染の可能性が高いとされた。近隣のイトゥリ州でも感染疑い例が複数あるという。ルワンダ、ウガンダ両国と国境を接している北キブ州は交易による越境移動が活発な地域。

  コンゴでのエボラ出血熱の流行は今年2回目。政府は5月8日に北西部の赤道州ビコロで流行を宣言。33人が犠牲となったが、その終息宣言を同国保健省は先月出したばかりだった。

原題:Congo Ebola Outbreak Being Assessed by Government, UN Agency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE