独リンデと米プラクスエアの合併に黄信号-FTCの思わぬ要求で

  • FTCは両社の合併を承認する前提として追加の資産売却を要求
  • 総資産売却が合併合意で定められた許容水準を上回る可能性高まる

リンデと米プラクスエアは、420億ドル(約4兆6800億円)規模の合併計画が、米国の反トラスト当局からの思わぬハードルに直面し、実現に黄信号がともりつつある。

  リンデが5日明らかにしたところでは、米連邦取引委員会(FTC)は、両社の合併を承認する前提として、追加の資産売却を求めていることを示唆した。この要求を受け、合計の資産売却規模が合併合意で定められた許容水準を上回る「可能性が高まった」と同社は説明した。

  プラクスエアからは5日時点でコメントが得られていない。両社は合併手続きの完了日を10月24日としている。合併が実現すれば、世界最大の産業用ガス生産会社が誕生する。

原題:Linde-Praxair $42 Billion Merger Threatened by FTC Demand (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE