ゴールドマンのトレーディング共同責任者にエスポジート氏-関係者

  • エスポジート氏はバラダン氏と共に証券部門を統括する
  • サラーメ、イーレット氏が6月に辞任したポストが空席となっていた

米銀ゴールドマン・サックス・グループはトレーディング部門のグローバル共同責任者として、ジェームズ・エスポジート氏を近く指名する見通しだ。事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、ロンドン在勤で米国人のエスポジート氏は、アショク・バラダン氏と共に証券部門を統括する。同氏は2014年から同部門の共同責任者を務めてきたが、パブロ・サラーメ氏とイザベル・イーレット氏が6月に辞任した後、後任が決まっていなかった。

  ゴールドマンの担当者にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。エスポジート氏の起用については、米紙ウォールストリート・ジャーナルが事情に詳しい複数の関係者を引用し、5日に先に伝えていた。

  ロイド・ブランクファイン氏の後任として最高経営責任者(CEO)に昇格する人事が先月正式発表されたデービッド・ソロモン氏は、最高意思決定機関である経営委員会の拡充を既に実施し、今後数カ月でさらに改革を実行すると予想される。

原題:Goldman Is Said Close to Naming Esposito Co-Head of Trading Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE