トランプ米大統領:長男とロシア人弁護士との会合は「全く合法」

  • 16年6月の会合について承知していなかったとあらためて言明
  • 政治の世界では日常的な会談であり「いつも行われている」

トランプ 米大統領は5日のツイッターへの投稿で、長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏が2016年大統領選の選挙戦中にマンハッタンのトランプタワーでロシア人弁護士らと面談したことについて承知していなかったとあらためて述べるとともに、このような会談は政治の世界では日常的であり、「全く合法でいつも行われていることだ」と指摘した。

  トランプ大統領は先月27日、元個人弁護士マイケル・コーエン氏がトランプ氏は長男の面談を事前に知っていたと当局に証言する用意があるとの報道を受け、「私は息子ドナルド・ジュニアの会合を知らなかった」とツイートで強調。「無関係の窮地から抜け出そうとする誰かが話をでっち上げようとしているようだ」と述べていた。

  民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン氏に不利になる情報があるとの誘いを受け、トランプ・ジュニア氏が参加したとされるトランプタワーで16年6月に行われた同会合にはほかに、16年大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務め税法違反や銀行詐欺罪で起訴されたポール・マナフォート被告、トランプ氏の娘婿で上級顧問のジャレッド・クシュナー氏、弁護士ナタリア・ベセルニツカヤ氏らロシア人数人などが出席した。

原題:Trump Defends Son’s Meeting With Russians as ‘Totally Legal’ (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE