コーエン氏のポイント72、マネーマネジャー2人を採用-関係者

  • ブラーマンのシュール氏とセネターIのサイモン氏を採用
  • ポイント72、今年の外部資金運用再開に伴い人員増強

資産家スティーブ・コーエン氏のヘッジファンド運営会社ポイント72アセット・マネジメントは新たに2人のマネーマネジャーを採用した。

  事情に詳しい関係者1人によると、ポイント72はブラーマン・キャピタルからスティーブン・シュール氏を7月に迎えた。同氏は値下がりする企業を見いだすスペシャリストで、元ジャーナリスト。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)に2年勤務した後、空売り投資家ジム・チャノス氏が率いるヘッジファンド会社キニコス・アソシエーツに入社。2011年にブラーマンに移籍した。

  ポイント72はまた、セネター・インベストメント・グループのジェレミー・サイモン氏の採用も決めており、同氏は来月入社するという。

  多数の独立チームに運用資産を託しているポイント72は、外部資金の運用再開に当たって人員の増強を進めている。アジアではバリアズニー・アセット・マネジメントからマクロ投資チーム5人を引き抜いたほか、モルガン・スタンレーの電子トレーディングデスクからも採用した。

  同社は今年に入り、外部資金運用を再開しており、18年前半に約7%のリターンを実現したとブルームバーグは7月に報じている。

原題:Cohen’s Point72 Is Said to Hire Money Managers Schurr and Simon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE