クドロー氏:トランプ大統領は引かない-中国は新たな関税計画

更新日時
  • 中国、米国からの輸入600億ドル相当に最大25%の報復関税計画
  • 25%関税は食肉や小麦、ワイン、LNGが対象

トランプ米大統領は中国に圧力をかけ続け貿易での譲歩を引き出す方針だと、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は述べた。これより先、中国は米国製品に対するさらなる報復関税の計画を発表した。

  クドロー委員長は3日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「関税や関税障壁、補助金をこれまで何度もわれわれは否定してきた。望むのは貿易改革だ。中国は実行していない」と発言。「中国の経済は弱く、通貨も弱い。国民は逃げ出している。最後までやり通すというトランプ大統領の決意を甘くみてはならない」と話した。

  中国も同日、貿易戦争から退く意図は全くないことを示唆。トランプ米政権が新たに示唆した中国への追加関税計画が実行された場合、米国からの輸入品600億ドル(約6兆6900億円)相当に関税を賦課するとして、その対象リストを発表した。米国は中国からの輸入2000億ドルを対象に関税賦課を計画している。

  中国財政省が3日夜にウェブサイトに掲載した声明によれば、新たな関税案の対象は5207品目、関税率は5%から25%に及ぶ。

  声明によれば、航空機やコンピューターなど約600品目に対して5%、かつらや繊維など1000品目近くに対して10%、化学製品や紙など1000品目強に対して20%、食肉や小麦、ワイン、液化天然ガス(LNG)など2400品目超に対して25%の追加関税が計画されている。

  中国商務省はこれとは別に「中国の報復関税は合理的かつ抑制されたものだ」との声明をウェブサイトに掲載。「発動の時期は米国の出方次第だ。中国には今後も他の対抗措置を発動する権利がある」と表明した。

原題:Kudlow Says Trump Won’t Back Off as China Expands Trade War (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE