Photographer: Bloomberg Creative Photos/Bloomberg

中国人民元が過去最長の8週連続下落へ、1ドル=7元に迫る

更新日時
  • 3日は公式取引終了時間直前に大手銀がドル売り-トレーダー
  • 7元割り込めば下げ加速、衝撃が各市場に広がる-コメルツ銀の周氏

3日の外国為替市場で、中国人民元は1ドル=7元の重要な節目に迫った。これは10年以上付けていない元安水準で、人民元は週間でも8週連続の下落へと向かっている。

  この日の安値は1ドル=6.8965元。複数のトレーダーによると、公式取引終了時間の直前に少なくとも一行の大手銀行が積極的にドルを売り、人民元は急速に下げ幅を縮小した。8週連続の下落となれば、中国が現在の為替相場制度を採用した1994年以降で最長になる。

  アナリストらによれば、1ドル=7元は極めて重要な節目だ。さらなる急落がいっそうの売りと資本流出を促すことを恐れて中国当局が介入に動くポイントだと見られるためだ。

  コメルツ銀行の新興国市場担当シニアエコノミスト、周浩氏(シンガポール在勤)は「投資家は人民元下落を予想するか中国の金利低下を見込むかの2つの取引に注目しており、人民銀行(中央銀行)が大規模に介入するまで人民元を押し下げ続けるだろう」と述べた。「1ドル=7元の水準を割り込めば元安が急激に速し、さまざまな市場に衝撃が広がって株価にも打撃が及ぶ公算が大きい」と続けた。

  上海時間3日午後5時27分時点の元相場は前日比0.53%安の1ドル=6.8745元で、2017年5月以来の元安。公に話す権限がないとして匿名を条件に語った3人のトレーダーによると、一行の大手銀行がドル売りで1ドル=6.8960元から6.8600元までドルを押し下げた。オフショア人民元は0.22%安の6.8962元。人民元は貿易加重を基にした通貨バスケットに対しても、過去最安値付近にある。

  この日の人民元相場の変動について人民銀行にファクスでコメントを求めたが、今のところ返答はない。

原題:Yuan’s Record Weekly Losing Streak Puts Specter of 7 in Play(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE