Photographer: Andrew Harrer

米財務省のバラ色シナリオ、終了は時間の問題-大量供給で金利上昇へ

  • 貿易摩擦の深刻化の中で10年債利回りは3%を下回る
  • ドル相場が政治リスク反映し始めれば転換点となる公算-エモンズ氏

ムニューシン米財務長官は国債を増発しながら、それに伴うコストは払わなくてよいという手品を成功させているようだが、そんなバラ色のシナリオは長くは続かないだろう。

  少なくともアナリストの一部はそう考えている。財政見通しが悪化しつつあることに加え、モラー特別検察官が2016年米大統領選へのロシアの干渉疑惑を巡る捜査を続ける中で政治リスクがドル相場への暗雲となっている。財務省は1日、長期債発行額を2010年以来の最高に引き上げることを発表した。財政赤字が1兆ドルに向かい、米連邦準備制度がバランスシートを縮小する中で、発行額は今後も増えるとしか考えられない。

  にもかかわらず、指標の米10年債利回りは財務省の資金調達計画発表を受けて6月以来の3%台に乗せた後、既に節目から後退。2日には貿易摩擦の深刻化を背景に債券相場とドルが上昇した。ドルは今年2%近く値上がりしており、為替差損について米国債購入者に当面の安心感を与えている。

  インテレクタス・パートナーズのチーフエコノミスト兼信用ポートフォリオ管理責任者、ベン・エモンズ氏は、「米財務省は今のところ、大量供給にもかかわらず高めの利回りを提供せずに済んでいる」と指摘。しかし、「モラー特別検察官の捜査関連などの政治リスクがドル相場に織り込まれ始めれば、それが転換点となり供給の規模が問題になってくるだろう」と付け加えた。

原題:Treasury Seen on Borrowed Time Before Supply Deluge Lifts Yields(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE