テバ:株価急落-4~6月は18%減収、北米ジェネリック販売低迷

  • 売上高47億ドル-アナリスト予想平均下回る
  • 一部コスト除いた1株利益78セント-予想64セント

イスラエルのジェネリック(後発薬)メーカー、テバファーマスーティカル・インダストリーズの株価が2日、急落した。ジェネリック価格低迷に伴う米国での販売不振が響いた。

  テバ株は前日比8%安と、2017年11月以来の大きな下落率で引けた。同社の米国預託証券(ADR)も一時10%を超える下げとなり、終値ベースで半年で最大の下落となった。

  テバが発表した4-6月(第2四半期)決算では、売上高が18%減の47億ドル(約5250億円)とアナリストの予想平均を下回った。北米でのジェネリック販売の落ち込みが響いた。一部コストを除いた1株利益は78セント。ブルームバーグが集計したアナリスト予想の64セントは上回ったが、前年同期の1.02ドルから減少した。

Not Just the Leader

Generic drug rivals also slipped after Teva reported results

Source: Bloomberg

 

原題:Teva Plunges as U.S. Sales Drop Amid Generic Price Erosion (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE