「スター・ウォーズ」のTV放送権、ディズニー買い戻し模索-関係者

  • 16年にターナーに売却-ストリーミング計画まとまる前
  • ディズニーは打診したものの抵抗を受けたと関係者
Daisy Ridley as Rey in “Star Wars: The Last Jedi” Photographer: Source: Lucasfilm via Image.net

ウォルト・ディズニーはいったん手放した映画「スター・ウォーズ」のテレビ放送権の買い戻しを図っている。同社が来年から独自に始めるストリーミングサービスでの配信を視野に売却先の米AT&Tのターナー・ブロードキャスティングに打診した。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。

  ディズニーは放送権再取得で予備的な打診を行ったが、抵抗を受け、交渉は進んでいない。交渉は非公開だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  ターナーは「TNT」や「TBS」など同社のケーブルネットワークとオンラインでスター・ウォーズ映画を放送・配信する権利を2024年まで保有している。ディズニーはストリーミングサービスの計画をまとめる前の16年、スター・ウォーズ映画の一部権利をターナーに売却していた。

原題:Disney Is Said to Seek ‘Star Wars’ Rights Back From TBS, TNT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE