ロシアの大規模選挙介入、クリック1つで可能ー米国家情報長官が警告

コーツ米国家情報長官は中間選挙に対するロシア介入の企てについて、2016年大統領選挙の時ほど激しい状況ではまだないが、ロシアはより深刻な攻撃を加えるのに「キーボードを1つクリック」するだけの状態だと述べた。

  コーツ長官は2日、ホワイトハウスで行われた会見で、「あの時のような過激な行動はこれまでのところ見られていない」と述べた。

  同長官はボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)、レイ連邦捜査局(FBI)長官、ニールセン国土安全保障長官、ナカソネ国家安全保障局(NSA)局長を含む国家安全保障を担う国内トップ5人の1人で、米選挙に介入を試みたとしてロシアを非難している。

  コーツ長官は、ロシアは米国の選挙を混乱させようと「政党を問わずあらゆる機会を探している」と述べた。

原題:Russia Is ‘Keyboard Click’ From Major Election Hack, Coats Warns(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE