英中銀:政策金利0.75%に上げ、全会一致ー総裁はインフレリスク強調

更新日時
  • 世界の成長率予想を下方修正、英国についてはおおむね据え置き
  • インフレ率は2020年に目標の2%に、19年は2.2%に低下

イングランド銀行(英中央銀行)は2日、政策金利引き上げを発表した。決定は予想に反して全会一致だった。カーニー総裁はインフレが無秩序な欧州連合(EU)離脱よりも差し迫った懸念材料だと示唆した。

  総裁は「国内要因によるインフレ圧力が高まっており需要過熱の見通しが浮上しつつある。金融政策の小幅な引き締めは現時点で適切だ」と語った。「EU離脱の結果生じる幅広い可能性を含め経済のいかなる展開に対しても中銀は十分な備えがある」とも表明した。

  金融政策委員会(MPC)は政策金利を2009年以来の高水準となる0.75%に引き上げることを決めた。利上げは広く予想されていたが、9対0での決定は予想外だった。昨年11月に続く0.25ポイントの利上げだったが、中銀の経済予測は来年3月のEU離脱前の追加利上げの必要性がないことを示唆した。

Rise of the Hawks

The BOE voted unanimously to raise interest rates

Source: Bank of England

  英中銀は5月に政策金利を据え置いたが、カーニー総裁は当時、1-3月期の成長減速は一時的との見方を示していた。この日の利上げは総裁の見方を肯定した形になるが、欧州連合(EU)離脱を巡る一段の不透明や世界の貿易摩擦悪化の中で、さらなる利上げはリスクとなる可能性がある。

  市場では、EU離脱交渉が「決定的に重要な時期」に入りつつあり中銀はあらゆるシナリオに対して備えているなど、カーニー総裁の慎重なコメントに注目が集まり、ポンドは下落。ロンドン時間午後1時4分現在は0.8%安の1.3024ドルとなった。

  同時に公表されたインフレ報告で中銀は、世界の成長率予想を下方修正した。英国についてはおおむね据え置き、今年が1.4%の見通し。2020年までの平均は1.75%前後を予想、長期の潜在成長率として見込む1.5%をやや上回る水準とした。

  成長が予想通りであれば「予測対象期間における金融引き締めの継続はインフレ率を持続的に目標の2%に戻すのに適切だ」とMPCは指摘。利上げは限定的かつ段階的になるとの文言を繰り返した。5月時点と同様に、1年に1回程度の利上げで十分であることを示唆している。

  今回の予測で2019年のインフレ率は2.2%と今年の2.3%から低下、20年には目標の2%に落ち着くことが見込まれている。

  MPCはEU離脱決定後のポンド安が輸出を後押しする一方、将来の通商関係を巡る不透明が投資の足かせになり、影響はほぼ中立で全体的な成長見通しは変わらないとの見方を示した。

原題:BOE Raises Key Rate to 0.75% With Surprise Unanimous Vote (1)(抜粋)
BOE Raises Rates as Carney Unites Panel to Curb Inflation Risks

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE