仏アクサ:1-6月期の基調的1株利益、6%増-予想上回る

フランスの保険会社アクサの1-6月(上期)決算は、基調的1株利益が予想を上回った。損害保険会社XLグループの買収を発表して以降厳しい目が注がれていたトーマス・ブベル最高経営責任者(CEO)への圧力が和らぎそうだ。
  
  2日の発表資料によると、1-6月期の1株利益は1.33ユーロ(約173円)と、前年同期比6%増加。ブルームバーグが調査したアナリスト3人の予想平均は1.19ユーロだった。米国事業の新規株式公開(IPO)後で初となる今回の決算では、各部門の力強い収益性が示された。

  ブベルCEOは発表資料で、「事業モデルの簡素化が実を結びつつある。各地域で力強い成長が見られる」と説明した。同CEOは損害保険事業へのシフトの一環として、XLグループを153億ドル(約1兆7000億円)で買収すると3月に発表し、投資家を驚かせた。米事業のIPO規模が当初の見込みを10億ドル近く下回ったこともあって、同CEOへの圧力が高まっていた。

  
原題:Axa CEO Gets Boost as Insurer Reports Strong Profitability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE