ワイヤレススピーカーのソノス、IPOは230億円規模-仮条件下回る

Photographer: T3 Magazine/Future Publishing
Photographer: T3 Magazine/Future Publishing

ワイヤレススピーカーメーカー、米ソノスの新規株式公開(IPO)は2億800万ドル(約230億円)規模となった。IPO価格は仮条件レンジの下限を2ドル下回った。

   発表資料によると、ソノスと一部の投資家は1株当たり15ドルで1390万株を売却。仮条件レンジは17-19ドルだった。ソノスは調達資金を運転資本および一般的な企業目的に充てる計画。

  モルガン・スタンレーゴールドマン・サックス・グループアレンが幹事を務めている。ソノス株は銘柄シンボル「SONO」で、2日からナスダック・グローバル・セレクト・マーケットで取引される予定。

原題:Sonos Raises $208 Million, Pricing U.S. IPO Below Targeted Range(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE