米JPモルガン、SECのADR調査対象に-ドイツ銀は先月決着

  • SECの調査に協力しているとJPモルガンが届け出
  • ドイツ銀は子会社2社巡る指摘で約84億円の支払いで合意

JPMorgan Chase & Co. headquarters in New York.

Photographer: Scott Eells/Bloomberg

米銀JPモルガン・チェースは1日、外国企業の米国預託証券(ADR)の扱いに関する銀行や証券会社に対する米証券取引委員会(SEC)の調査対象となっていることを明らかにした。

  JPモルガンは当局への届け出で、SECの調査に協力していると説明。調査は2011ー15年の取引に焦点を絞っているという。

  SECはADRを巡り業界全体を調査している。ドイツ銀行は先月、子会社2社がADRを不適切に扱ったとの指摘を受け7500万ドル(約84億円)を支払うことで合意。SECは7月20日の声明で、ADR関連業務でドイツ銀が法に抵触したと説明。同行はこれを肯定も否定もせず、問題を決着させるため約2300万ドルの制裁金と利子を含めた利益の返還5200万ドルの支払いに応じた。

原題:JPMorgan Says It’s Among Firms Facing SEC Probe Into ADRs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE