カーライル、AIG子会社の持ち分取得へ-保険分野の事業拡大狙う

  • AIGからDSAリインシュアランスの20%近くを取得
  • カーライルはDSAからの60億ドルを資産全般に投資へ

カーライル・グループは、米アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下にあるDSAリインシュアランスの持ち分を取得する。カーライルなどオルタナティブ投資会社は保険資産の購入を進めており、より高いリターンを求める同業界とのビジネス機会拡大を模索している。

  1日のカーライル発表によると、同社はDSAリインシュアランスの19.9%をAIGから取得し、独立した保険会社にすることで合意した。今回の合意には、DSAからの60億ドルをカーライルがプライベートエクイティー(未公開株、PE)やクレジット、実物資産の各グループ全体に投資する取り決めが伴う。

  カーライルの他にもブラックストーン・グループやアポロ・グローバル・マネジメントなどのライバル会社は保険分野の基盤を構築しており、フィクストインカム市場で低利回りに直面する保険会社とのビジネスを増やそうと同分野の幹部を起用している。

原題:Carlyle Buys Stake in AIG-Owned Firm in Move Into Insurance (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE