中国当局、電子商取引サイトの拼多多を調査-模倣品販売との報告受け

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

中国当局は同国の電子商取引サイト運営会社、拼多多(PDD)のサイト上で模倣品販売が数多く報告されている問題を巡り調査を実施すると発表した。同社は1週間前に、米国で新規株式公開(IPO)を実施した。

  中国の国家市場監督管理総局(SAMR)は1日、上海の監督当局に対して拼多多での模倣品販売の報告について調査するよう命じた上で、違反が見つかった場合は「厳しく」処罰する方針を示した。拼多多は7月26日に米市場に上場し、株価は取引初日に41%高と急伸した。8月1日は一時17%を超える下げ。取材に対し拼多多はコメントを控えた。

  SAMRはウェブサイトに掲載した声明で、「第三者のプラットフォームであれ、自社運営のものであれ、法に違反すれば厳しい措置が取られる」と説明した。

原題:China to Probe U.S.-Listed Shopping App Over Fake Goods (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE