トランプ氏:セッションズ司法長官は今すぐモラー氏の捜査停止を

更新日時
  • ロシア疑惑捜査で「ひどい状況」「民主党員は米国の恥」-トランプ氏
  • 民主党幹部議員ら、大統領ツイートは司法妨害の試みと非難

トランプ米大統領は、2016年大統領選のロシア介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査をセッションズ司法長官は止めるべきだと主張した。「でっち上げ」の捜査は米国にとって「恥辱」であり、対立の種をまいていると述べた。

  トランプ氏は1日、「ひどい状況だ。米国内の緊張をこれ以上高める前に、セッションズ司法長官はこのでっち上げの魔女狩りを今すぐやめさせるべきだ」とツイート。さらに「モラー氏は完全に相反がある。同氏の汚れ仕事をしている17人の怒った民主党員は米国の恥だ!」と続けた。

  セッションズ司法長官は大統領のツイートに今のところ反応していない。長官はモラー氏の捜査に関与しない姿勢をとり続けている。

  このツイートに対して、あからさまな司法妨害の試みであるとして一部の民主党議員から早速非難の声が上がった。

  下院情報特別委員会の民主党トップ、シフ議員(カリフォルニア州)はツイッターで「米大統領が自らの政権の司法長官に対し、大統領とその家族、陣営の関与が疑われる捜査を終結させるよう要求した」と指摘。「これは司法を妨害し、事実を巧妙に隠そうとする試みだ。米国は決して容認してはならない」と述べた。

  司法長官に連邦捜査の停止を公に求めるのは、大統領と法執行機関が従来守ってきた境界を越える異例の行為だ。捜査の結果に少しでも影響力を行使したと見られることを避けるため、大統領は公の発言を控えるのが通例だった。

  インタビューで大統領のツイートを聞かされたコリンズ上院議員(共和、メーン州)は、「信じられない」と述べ、「このツイートは全く不適切だ。大統領は捜査について全く口を挟むべきではない」と語った。

  共和党のマコネル上院院内総務とライアン下院議長はいずれも、トランプ氏から非難を浴びるモラー氏の捜査の正当性を主張しながらも、トランプ氏がモラー氏を解任するとは思わないとの認識を示している。トランプ氏がモラー氏を解任すれば憲法を巡る危機に陥るだろうとの警告は、民主、共和両党の議員から出ている。ライアン議長の報道官を務めるダグ・アンドレス氏は1日、議長の姿勢は変わっていないと述べた。

原題:Trump Calls on Sessions to Stop Mueller’s Russia Meddling Probe(抜粋)

(第6段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE