アイスランド首相、滝守った少女の志継ぐ-外国人の土地購入制限へ

  • 連立組む進歩党の支持層である農民から要望強まる
  • 首相は環境保護主義者、国は1944年独立で国民の愛国心強い

およそ1世紀前のことだ。アイスランドが誇るグトルフォスの滝を水力発電ダムに変える計画が英事業家から持ち上がった。少女シグリットは滝つぼに身を投じるのも辞さない構えで反対し、計画実施を阻止した。黄金の滝を意味するこのスポットは今や、アイスランド最大の観光地の一つだ。

グトルフォスの滝

写真家:Alexander Scheuber /ゲッティイメージズ

  環境保護主義者としてアイスランド初の首相となったカトリン・ヤコブスドッティル氏は今、少女シグリットの志を引き継ぎ、同国の手付かずの自然に対する外国人投資家の土地買い占めに反対している。左翼環境運動を率いる同首相(42)は土地所有に「一段の制限」を設けたいが、まずは4省庁で実施中の調査結果を待つという。結果は夏の終わりまでに出そろう見込みだ。

ヤコブスドッティル首相

写真家:Kjartan Thorbjoernsson / Bloomberg

  ヤコブスドッティル首相は首都レイキャビクで電話インタビューに答え、「まず私は、国の主権を守りたい。土地の開発・活用方法をわれわれ自身が決められることが大事だ」と述べた。

  アイスランドがデンマークから完全に独立して共和国となったのは1944年で、国民の愛国心は強い。土地を買う外国人の圧倒的な購買力を不快に思い、購入理由を疑問視する農民から増える苦情に政権は対応している。ヤコブスドッティル首相は、保守派の独立党と農民の支持率が高い進歩党と連立を組んでいる。

  同首相は目指しているのは「外国人に対する禁止」ではなく、「土地所有の集中」について考え土地の最善な活用を万全にすることだという。「外国人とアイスランド人の両方に適用される規則の方が、成功と実現の可能性が高まると思う」と述べた。

Tiny Percentage

Foreigners currently own only a small share of Iceland's land

Source: Registers Iceland

Note: Data on the nationality of owners in "corporations" unavailable

原題:Iceland Poised to Raise Barriers to Stanch Foreign Land-Grab(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE