英銀ロイズの4-6月:23%増益、予想上回るー通期見通し上方修正

住宅金融で英最大手のロイズ・バンキング・グループの4-6月(第2四半期)は、税引き前利益が前年同期から23%増え、アナリスト予想も上回った。通期の業績見通しも上方修正した。

  アントニオ・ホルタオソリオ最高経営責任者(CEO)は「法定利益とリターンが高まり資本も増加し、力強い財務パフォーマンスを再び達成した」とコメントした。第1四半期も23%増益だった。

  ただ、支払保証保険の不当販売の問題は尾を引き、第2四半期も4億6000万ポンド(約675億円)を引き当てた。同引当金は累積で190億ポンドを超えた。

原題:Lloyds Profit Jumps While Missold Insurance Costs Still Linger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE