アエロメヒコ航空機が緊急着陸、複数の負傷者-当局者

  • エンブラエルE190機には乗客97人、乗員4人が搭乗
  • 事故の原因は悪天候-ドゥランゴ空港の運営事業者

メキシコ市に向かっていたアエロメヒコ航空の旅客機が7月31日にドゥランゴ空港の近くで緊急着陸に失敗し、複数の負傷者が出ているが、死者はいない。州当局者が明らかにした。

  州の防災担当当局者イスラエル・ソラノ氏はTVアステカとのインタビューで、多くの乗客が歩いて現場から離れたと語った。テレビサは8人が死亡したと先に伝えていた。

アエロメヒコ機が緊急着陸に失敗した現場で作業する救急隊員(7月31日)

出典:デュランゴの民間防衛事務所Photo via AP Photo

  メキシコのルイスエスパルサ通信・運輸相によると、エンブラエルE190機には乗客97人、乗員4人が搭乗していた。アエロメヒコ航空は午後時点で死者の報告がないことを確認、事故の詳細を調べているとした。同社には米デルタ航空が出資している。

  ドゥランゴ空港の運営事業者は、悪天候が今回の事故の原因だと説明した。 

原題:Aeromexico Jet Crash Caused Multiple Injuries, Official Says (2);Mexico’s Durango Governor Says No Deaths in Aeromexico Crash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE