長期金利が0.115%に上昇、昨年2月以来の水準ー指し値オペ実施なし

  • 日銀がどの辺りを目線に持っているか試す動きが続くーSBI証
  • 長期金利0.07%で開始後、その後徐々に水準を切り上げる
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

国内債券市場で長期金利が昨年2月以来の高水準を付けた。日本銀行が長期金利の変動幅拡大を許容したことや10年利付国債入札を翌日に控えて売りが優勢だ。日銀が指し値オペを実施しなかったことも売りに拍車が掛かっている。

  1日の債券市場で長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは0.07%と、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値を2.5ベーシスポイント(bp)上回って取引を開始。その後徐々に水準を切り上げ、午後に入ると0.115%と2017年2月3日以来の水準まで上昇した。先物中心限月も前日比80銭を超える大幅下落となり、昨年7月以来の安値圏まで達している。

  SBI証券の道家映二チーフ債券ストラテジストは、「日銀がどの辺りを目線に持っているかというのを試す動きがしばらく続く。黒田東彦総裁は取りあえず0.2%という数字を示唆した。0.2%まではあり得る」と説明。「急速に金利が上がった場合は買い入れをすると言っているので、今日ぐらいの金利上昇をどう考えるかということ」だと述べた。

  日銀は7月31日、金融緩和の持続性強化の一環として、長期金利目標は「経済・物価情勢等に応じて上下にある程度変動しうる」と認め、国債買い入れ額の弾力化を打ち出した。黒田東彦総裁は記者会見で、長期金利の新たな変動許容幅は現在の2倍程度との想定を示す一方、「金利水準の引き上げの意図は全くない」と述べ、金利が急上昇する場合には国債買い入れを実施すると語った。

日銀決定会合に関する詳細はこちらをご覧下さい。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE