ファイザー、利益予想引き上げ-価格押し下げ圧力も収益性に自信

米製薬会社ファイザーは31日、通期の利益見通しを引き上げた。売上高の減少やトランプ政権による価格押し下げ圧力の中でも、同社が収益性に比較的自信を持っていることを示唆している。

  ファイザーは一部項目を除く1株利益を2.95-3.05ドルと予想。アナリスト予想の平均は2.95ドル。同社がこの日発表した4-6月(第2四半期)決算は、利益が市場予想を上回った。

  ファイザーは最近、一部製品の値上げ先送りを決定したが、市場ではこの決定が将来の成長に影響を与えるとの見方も広がった。トランプ大統領は医薬品値上げを巡りファイザーを名指しで批判、「恥を知るべきだ」と述べていた。

  ファイザーは利益の面では、トランプ政権が講じた減税の恩恵を受けている。同社は調整後の税率について16%への低下を予想。売上高見通しは下方修正。為替相場が影響するとしており、世界展開する他のヘルスケア関連企業と同様にドル高を理由に挙げた。

原題:Pfizer Raises Profit Forecast Amid Pressure on Drug Prices (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE