7月31日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎NY外為:ドルが上昇、FOMCの決定控え-円は軟調に推移

  31日のニューヨーク外国為替市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定を翌日に控える中でドルが上昇した。FOMCは漸進的な利上げの方針を維持すると見込まれている。

  ドルは主要10通貨のうちオーストラリア・ドルとカナダ・ドルを除く全てに対して上昇。資源国通貨は、金属価格の上昇を支えに堅調な展開となった。米国と中国が全面的な貿易戦争の回避を目指し、交渉再開を模索しているとの報道が好感された。

  カナダ・ドルは同国の国内総生産(GDP)が好調だったことや、米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)の自動車協議で合意に近づいているとのブルームバーグの報道も支援材料となった。ただその後、米中の貿易協議はほとんど進展していないとのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の報道を受けて上げを縮めた。

  円はドルに対して約3週間で最大の下げ。日本銀行による金融政策調整を受けてポジション調整が入った。ドル・円相場はまた、米経済指標を受けて米2年債利回りが上昇したことも材料視された。

  ニューヨーク時間午後4時55分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.1697ドル。円は対ドルで0.7%安の1ドル=111円85銭。

欧州時間の取引

  円は欧州時間も下落。日銀が政策調整で一部予想ほど踏み込まなかったことが手掛かり。円は対ドルでの下落率が一時、主要10通貨中で最大となった。
原題:Dollar Firms Ahead of Fed Decision, Shares Advance: Inside G-10(抜粋)
Yen Slides on Dovish BOJ Bent, Dollar Stabilizes: Inside G-10

◎米国株・国債・商品:株反発、工業やハイテク高い-貿易楽観で

  31日の米株式相場は反発。貿易摩擦が弱まるとの楽観が広がり、工業株やハイテク株が回復した。米国債は長期ゾーンが上昇する一方、短期が下落しまちまち。

  • 米国株はハイテク中心に反発、貿易問題楽観で工業株が高い
  • 米国債は長期ゾーンが上昇、10年債利回り2.96%に低下
  • NY原油は大幅反落、月間下落率はここ2年で最大-過剰供給リスクで
  • NY金は小反発、月間では2.6%下げ4カ月続落

  米国と中国が全面的な貿易戦争の回避を目指して交渉再開を模索しているとのブルームバーグ報道を受け、ボーイング、キャタピラー、3Mなどがそれぞれ1%余り上昇。S&P500種株価指数は反発し、月間ベースでも4カ月連続の上昇。フェイスブックなど、前日売り込まれた大型ハイテク株は大半が上昇した。

  S&P500種は前日比0.5%高の2816.29。ダウ工業株30種平均は108.36ドル(0.4%)上げて25415.19ドル。ナスダック総合指数は0.6%高の7671.79。ニューヨーク時間午後4時50分現在、米10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)下げて2.96%。

  ニューヨーク原油先物市場では、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が大幅反落。需要軟化から一部石油輸出国機構(OPEC)加盟国による生産引き上げまで、幅広い要素が背景となった。出来高の低調やドルの上昇が相場下落に拍車をかけた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は1.37ドル(2%)安い1バレル=68.76ドル。月間ベースでは7.3%下落し、2016年7月以来の大幅な下げ。ロンドンICEの北海ブレント9月限は前日比72セント安の74.25ドルで終了。

  ニューヨーク金先物相場は小反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比0.2%高の1オンス=1233.60ドルで終了。ただ7月の月間ベースでは2.6%安、4カ月連続と2013年以来最長の下落局面となった。

  日本銀行の金融政策決定会合後に相場が急伸していた米10年債は、米国時間には上げ幅を縮小。月末特有のデュレーション(平均残存期間)長期化を背景に、5年債と30年債の利回り差は縮小した。
原題:Tech Advances as Trade Outlook Boosts Manufacturers: Market Wrap(抜粋)
Treasuries Pare Gains Sparked by BOJ Ahead of Refunding Details
Oil Posts Largest Monthly Loss Since 2016 Amid Oversupply Risks
Gold Posts Longest Losing Streak Since 2013 as Bears Crush Bulls

◎欧州債:変動の激しい展開、日銀政策発表や月末調整で

  31日の欧州債市場は、変動の激しい相場だった。日銀の政策微調整で朝方に上昇したが、ユーロ圏のインフレ率が予想以上だったことで上げ幅を縮小し、月末特有のデュレーション調整によって再び上げを拡大した。

  デュレーション調整による相場回復は、米中が貿易戦争回避に向け交渉再開を模索していると伝わったことで一時止まった。

  10年物ではイタリア債が周辺国債の上昇を主導 。

  ドイツ10年債利回りは0.44%で前日から変わらず、スペイン10年債利回りが2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.40%、イタリア10年債利回りは5bp低下の2.74%。
原題:EGBs Experience a Topsy-Turvy Day; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

(NY外為と米国株・国債・商品を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE