仏サノフィ:通期利益見通しの下限引き上げ-新製品が寄与

  • 今年の1株利益は3-5%増加する見込み-従来見通し2-5%増
  • 4-6月の一部項目除く1株利益、アナリスト予想上回る

フランスの医薬品メーカー、サノフィは31日、今年の利益見通しレンジの下限を引き上げた。主力製品「ランタス」の売り上げ減少を新製品が補うことで成長路線に戻ると予想する。

  発表資料によると、通期の1株利益は調整後ベースで3-5%増加すると見込む。4月時点では2-5%増との見通しを示していた。

  4-6月(第2四半期)の一部項目を除く1株利益は1.25ユーロと、前年同期の1.34ユーロから減少。ブルームバーグ集計のアナリスト6人の予想平均は1.20ユーロだった。売上高は5.7%減の81億8000万ユーロ(約1兆660億円)。アナリスト予想は83億6000万ユーロとなっていた。

原題:Sanofi Narrows Profit Outlook as New Drugs Seen Delivering(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE