米テスラ、空席だった最高会計責任者にシーゲート出身のモートン氏

  • モートン氏はシーゲートの元最高財務責任者
  • 基本給に加え新入社員向けの1000万ドル相当の株式報酬支給

テスラは30日、空席だった財務部門の主要ポストにコンピューターディスク駆動装置製造シーゲート・テクノロジーの最高財務責任者(CFO)だったデーブ・モートン氏を充てる人事を明らかにした。

デーブ・モートン氏

出典:テスラ

  テスラのブログポストによると、1995年からシーゲートに勤務していたモートン氏(46)は、最高会計責任者(CAO)としてテスラに移籍。当局への届出書によれば、年間の基本給35万ドル(約3890万円)に加え新入社員向けの4年間で1000万ドル相当の株式報酬がモートン氏に支給される。

  テスラではエリック・ブランデリズ氏が3月7日に個人的な理由で退社してからCAOのポストが空席となっていた。その後、経営陣の交代が続いており、エンジニアリング責任者だったダグラス・フィールド氏も先月退社した。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は6月、全従業員の約9%の人員削減を発表している。

  モートン氏はディーパック・アフジャ最高財務責任者(CFO)の直接の部下となり、財務報告やグローバル会計、人件費、税金、貿易関連業務を統括する。

原題:Tesla Fills Chief Accounting Officer Void With Seagate’s CFO (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE