投資家の期待高すぎるハイテク企業、好決算でも株価が相次ぎ下落

  • フェイスブック株やインテル株の下落は投資家の期待の高さを反映
  • ネットフリックスは純利益が6倍になったものの株価は急落
Photographer: AFP Contributor/AFP
Photographer: AFP Contributor/AFP

多くを与えられた者には、多くが期待される。アマゾン・ドット・コムとアップルという時価総額が1兆ドル(約111兆円)に近づいている2企業を抱えるハイテク業界にとって、期待は気が遠くなりそうなほど高くなっている。

  フェイスブックは4-6月(第2四半期)決算で売上高が42%増加したと発表した後、米国株として史上最大の時価総額を喪失。インテルは決算で全ての予想を上回ったにもかかわらず、時価総額200億ドルを失った。ネットフリックスは純利益が6倍になったにもかかわらず、株価は急落した。

  多くの企業は今回の決算シーズンに歴史的な好業績を発表しているが、9年間にわたり米国株の強気相場を支えてきた大手ソフトウエア・インターネット企業には、期待の大きさからの重圧が見える。

  ノース・スター・インベストメント・マネジメントのチーフ株式ストラテジスト、ブラッド・コーエン氏は、「人気セクターの鎧(よろい)に本当に久しぶりにひびが入った。ハイテク業界は恐らく転換点に達しつつある。これらの企業がどこまで大きくなれるかが問題になってくる」と話した。

Earnings Reaction

Tech stocks performing the worst this reporting season

Source: Bloomberg

  決算が市場予想を上回るだけでは十分ではない。これまで決算を発表したハイテク企業36社のうち、1社を除く全ての企業がアナリスト予想を上回ったものの、その後の5日間で株価は平均3.5%下落。これに対し、S&P500種株価指数の構成銘柄全体の平均は0.9%上昇だった。

原題:A Trillion Dollars Is Buying Tech Investors a Lot of Headaches(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE