JPモルガン、株式取引で首位目指す-第2四半期にゴールドマン抜く

  • 21年までに首位に立つことは可能ー世界株式責任者のシペル氏
  • 電子取引に多額の資金を投じ、プライムブローカレッジ業務を増強

Photographer: Scott Eells/Bloomberg

JPモルガン・チェースの株式トレーダーは、2018年4-6月(第2四半期)に初めてゴールドマン・サックス・グループを上回る収入を稼いだ。そして今、モルガン・スタンレーから世界一の座を奪うことに照準を定めている。

  JPモルガンの4-6月期の株式トレーディング収入は19億6000万ドル(約2180億円)で、同業務としては少なくとも08年以後で初めてゴールドマンを上回った。14年から首位を維持しているモルガン・スタンレーの収入は25億ドル。

  また、JPモルガンの18年1-6月(上期)の同収入は約40億ドル、17年は通年で57億ドルだった。グローバル株式責任者のジェーソン・シペル氏(ロンドン在勤)によると、同行はこの加速したペースの維持に努めている。

  ニューヨークからのインタビューに応じたシペル氏は「プライムやブロック取引、クオンツ・エグゼキューションを中心に全般的に向上している」と説明。アルゴリズムを含む電子トレーディング技術への投資や取引執行の重点強化により、年間580億ドル規模の業界で21年までには同行が常に首位に立つことが可能になるとみている。グローバル株式の共同責任者を務めていたマーク・ルン氏が中国事業責任者に指名された5月、シペル氏は単独の責任者となった。

The Battle For No. 1

Top 3 Wall Street trading shops generated $6.3B of equities revenue in 2Q

Source: Blooberg data

  資産規模で米銀行最大手のJPモルガンは、株式トレーディングのランキングを上げるため過去5年間に電子取引に多額の資金を投じ、プライムブローカレッジ業務を増強。17年の株式収入はモルガン・スタンレー、ゴールドマンに次ぐ3位だった。JPモルガンの同年の世界株式市場シェアは10.3%で、06年と比較すると2倍余りに拡大している。

JPモルガン、現物株事業の幹部人事を再び刷新-電子取引拡大で

原題:JPMorgan Equities Traders Angle for Top Spot After Goldman Slips(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE