米国債相場下落に賭ける投機家、ネットショート記録的水準

  米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、投機家による10年物米国債先物の売りポジションが記録的水準にまで積み上がった。24日終了週の投機家のネットショート(売り越し)は約4万枚急増してほぼ50万9500枚と、データをさかのぼれる1992年以後で最大規模。27日の10年債利回りは、テクノロジー株が下落する中で2ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し2.96%となった。

原題:Speculators Pile Into Record Short on 10-Year Treasuries: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE