トランプ米大統領、国境の壁予算巡り政府閉鎖も辞さない姿勢再び表明

  • マコネル共和党上院院内総務や他の共和党議員は閉鎖を予想せず
  • 中間選挙前の数週間に対立が起きる可能性も

トランプ米大統領は29日、メキシコ国境の壁建設予算を含め移民を巡る措置について自身の意向が通らない場合、政府機関閉鎖も辞さない考えをあらためて表明した。

  トランプ大統領は「民主党が壁を含め国境警備について賛成しなければ、政府機関を『閉鎖』する意向だ」とツイートした。同大統領はこの1年、壁建設の予算最大250億ドル(約2兆7700億円)を確保するための「良い」政府機関閉鎖の利点を強調してきた。

  ライアン米下院議長とマコネル共和党上院院内総務は25日、ホワイトハウスでトランプ大統領と会談し、継続中の予算手続きのほか、政治的に痛手となる、中間選挙の1カ月前となる10月1日の政府機関閉鎖をいかに回避するかを話し合った。

  マコネル氏は27日、ラジオのインタビューで閉鎖は「起きない」とし、壁建設の予算に関する行動は「恐らく」中間選挙後になると語った。また共和党全国委員会(NRCC)委員長を務めるスティーブ・スタイバーズ議員も29日ABCテレビの番組で、トランプ大統領が政府機関閉鎖に再び言及したことについて問われ、実際にそうなるとは考えていないと述べている。

原題:Trump Says He’s Open to Closing Government Over Wall Money (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE