トランプ氏のファミリービジネスにもメス、音声ファイル押収-米当局

  • トランプ・オーガニゼーションも詳細な捜査対象になっているもよう
  • トランプ氏らの音声ファイルとコーエン氏の電子メールをFBI押収

トランプ米大統領の個人弁護士だったマイケル・コーエン氏が、大統領の一連の疑惑を巡り米検察に協力する姿勢を示す中で、連邦当局は大統領が立ち入られたくないと望んできたビジネス分野の利害関係を掘り下げる動きを強め、一族の中核企業であるトランプ・オーガニゼーションも詳細な捜査の対象になっているもようだ。

  米連邦捜査局(FBI)は、トランプ大統領について話すコーエン氏やトランプ氏の音声の入った少なくとも十数件を含む音声ファイルと、コーエン氏の電子メールを押収した。さらにトランプ・オーガニゼーションの最高財務責任者(CFO)を務めるアレン・ワイセルバーグ氏が、コーエン氏の捜査に関連し、大陪審での証言を求められたと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が報じた。

  ワイセルバーグ氏とトランプ・オーガニゼーションの広報担当アマンダ・ミラー氏にコメントを求めたが、これまでのところ返答はない。

原題:Cohen Probe Reaches Into Trump Business -- and Red Line He Drew(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE