ロシア中銀:金利据え置きーインフレ期待高水準で3会合連続

ロシア中央銀行は27日、政策金利据え置きを発表した。インフレ期待が約1年ぶり高水準となる中、3会合連続で利下げを見送った。

  中銀は1週間物入札レポ金利を7.25%で据え置いた。ブルームバーグのエコノミスト調査では37人全員が据え置きを予想していた。ナビウリナ総裁はこれまで、金融環境が「完全に中立」と見なせる水準に達するまであと1回か2回の利下げを残しているとしつつ、その実施には長めの時間をかけると認めていた。

Upward Bound

Inflation expectations among Russians rose on higher fuel prices, VAT plan

Sources: Federal Statistics Service; inFOM poll on behalf of Bank of Russia

原題:Bank of Russia Extends Rate Pause as Inflation Risks Halt Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE