ライアン米下院議長:ローゼンスタイン司法副長官の弾劾支持せず

  • 下院共和党保守派が25日に弾劾条項発議案を提出した
  • ライアン氏:司法省はロシア疑惑関連の文書提出要請に応じてきた

ライアン米下院議長は26日、ローゼンスタイン司法副長官の弾劾を目指し25日夜に弾劾条項発議案を提出した下院共和党保守派グループの取り組みを自分は支持しないと述べた。

ローゼンスタイン米司法副長官

フォトグラファー:Joshua Roberts / Bloomberg

  ライアン議長は定例記者会見で、「私がローゼンスタイン氏の弾劾を支持するかって?いや私は支持しない」と発言。「重大な犯罪や不品行になるとは思わない。これは非常に高い基準だ」と指摘した。

  トランプ大統領に最も忠実な議員を含むこれら保守派は、ロシア疑惑を巡り議会が要求している文書などの資料提出への協力をローゼンスタイン副長官が数カ月もの間拒んでいるとみて行動を起こしている。

  しかしライアン議長は司法省は文書提出要請に従ってきたと指摘。下院が万一、弾劾条項を可決した場合は、上院議員らが他の問題で採決する必要がある時に上院を混乱させることになると指摘した。

原題:Ryan Opposes Rosenstein Impeachment Bid Launched by House GOP(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE