北朝鮮が米兵遺骨を一部返還-休戦協定締結65周年の日に

  • ホワイトハウスが発表-米輸送機が北朝鮮から韓国に遺骨運ぶ
  • 6月の米朝首脳会談後の最初の具体的な成果
Photographer: KIM HONG-JI/AFP
Photographer: KIM HONG-JI/AFP

朝鮮戦争の休戦協定締結から65周年を迎えた27日、北朝鮮は戦死した米兵の遺骨の一部を返還した。ホワイトハウスが発表した。トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長による首脳会談後では初の具体的成果となり、核問題を巡る協議の前進につながる可能性を示唆する。

  米空軍C17輸送機が27日午前、北朝鮮東部の元山から米兵のものとみられる遺骨を納めた箱を韓国・烏山の米空軍基地に移送した。韓国の聯合ニュースによると、同輸送機は遺骨55柱を収納する箱を積んでいた。これは朝鮮戦争で行方不明となっている米兵の約1%に相当する。

  ホワイトハウスは電子メールで配布した声明で、「金正恩委員長は今日、死亡した米軍人の遺骨を返還するとした大統領への約束の一部を履行する。われわれは北朝鮮の行動と前向きな変化の勢いに勇気づけられている」とコメントした。

  米軍当局者によると、遺骨は身元確認のためハワイに移送される。国防総省の推計によれば、北朝鮮は同国で行方不明となった米兵約5300人のうち約200人の遺骨を保有しているとされる。

原題:North Korea Returns Some U.S. War Dead in Boost for Talks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE