中国の工業利益、6月も力強い伸び-再び統計の整合性欠く

更新日時
  • 6月の工業利益は前年同月比20.0%増と統計局発表
  • 前年の数値と単純に比べると減少-調査サンプル変更のためと統計局

中国の工業利益は6月も力強い伸びを維持した。同月は工業生産が予想より低い伸びにとどまったものの、生産者物価指数(PPI)が今年最も大きな上昇率となった。

  国家統計局が27日発表した6月の工業利益は前年同月比20.0%増の6582億9000万元(約10兆7200億円)。5月は21.1%増だった。ただ5月の名目値が純減を示唆していたことから、統計の信頼性を巡り疑念が生じていた。6月の数値を単純計算すると、前年同月の7277億8000万元から9.5%減となり、5月と同様に整合性を欠くことになる。

Industrial Profits Data Diverging Recently

Source: National Bureau of Statistics, Bloomberg calculations

  統計局の報道官は今月に入ってからの記者説明会で、調査サンプルの変更に伴い食い違いが生じたと説明し、調査対象企業の変更をこの統計は「正確かつ客観的」に反映することができると主張。報告済みの統計の詳しい検証と疑わしい会計・決算報告に対する取り締まりも差異にもつながっていると語っていた。
 
  ナットウェスト・マーケッツのアジア担当ストラテジスト、リウ・ペイチエン氏(シンガポール在勤)は6月の工業利益について、「コスト減少と堅調な物価動向を伴う増益は非常に健全だ。安定化し年内に徐々に減速するかもしれないが、強い刺激策があれば回復する可能性は否定できない」と述べた。

原題:China’s Industrial Profits Jump Again as Doubts Clouds Data(抜粋)

(2段落目以降に統計局や市場関係者のコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE