BRICSは保護主義を「即座」に拒否すべきだ-中国の習近平主席

  • 南アのヨハネスブルクでのBRICS首脳会議で発言
  • 保護主義と一国主義が新興国市場に直接影響していると指摘

中国の習近平国家主席

Photographer: Gianluigi Guercia/AFP via Getty Images

Photographer: Gianluigi Guercia/AFP via Getty Images

BRICS(新興5カ国)は保護主義を「即座」に拒否し、貿易と投資の自由化を促進すべきだと中国の習近平国家主席が主張した。

  習主席は26日、南アフリカ共和国のヨハネスブルクでのBRICS首脳会議で、「ルールに基づく多国間の貿易体制を守るため、われわれは国連と主要20カ国・地域(G20)、世界貿易機関(WTO)で協力する必要がある」と表明した。

  習主席は「地政学的な対立が絶えず繰り返されていることと保護主義と一国主義の高まりが、新興国市場と途上国の対外発展環境に直接的に影響を及ぼしている」とも指摘した。BRICSは中国に加え、ブラジルとロシア、インド、南アフリカ共和国から成る。

原題:China’s Xi Calls for BRICS to Reject Protectionism ‘Outright’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE