米SEC、ビットコインETFの上場申請退ける決定

  • 決定を受けてビットコインは再び8000ドル割れ
  • SECは基底となるビットコイン市場の監視体制など懸念

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

米証券取引委員会(SEC)は26日、タイラーとキャメロンの双子のウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨ビットコインの上場投資信託(ETF)を巡り、上場の申請を退けた。市場に十分な監視が行き届くか納得できないとしている。

  SECはウェブサイトに掲載した決定で、同ETFの上場を目指していたCBOEグローバル・マーケッツについて、その基底となるビットコイン市場が「操作に耐性がある」点を示すことができなかったと指摘した。同ETFの価値は同兄弟が経営するデジタル資産交換事業者のジェミニに連動することとなっていた。

  SECはさらに、ジェミニのビットコイン取引・取引高データの信頼性にも懸念を表明した。同ETFの基底となるビットコイン取引に関し、CBOEが十分な情報を得ることができると示さなかったとしている。

  SECが数週間以内に米国初のビットコインETFの上場を承認するのではないかとの臆測を背景に、ビットコインは今月に入り40%近く上昇していた。しかし、SECによる26日の決定発表を受けて、ビットコインは再び8000ドルを割り込んだ。

原題:Cboe Request to Launch Winklevoss’ Bitcoin ETF Rejected by SECBitcoin ETF Mania Dented as SEC Again Rejects Winklevoss Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE