アムジェン:幹部2人の入れ替え発表、4-6月決算は予想上回る

米バイオ医薬品メーカーのアムジェンは、上級幹部2人の入れ替えを発表した。同社は激しい競争にさらされ勢いが衰えたブロックバスター医薬品に代わる新薬を探し求めている。

  同社ベテランのショーン・ハーパー氏が務めた研究開発担当の執行副社長には、デービッド・リース氏が就く。9月には、アムジェンの世界商業運営担当の執行副社長にブリストル・マイヤーズスクイブのマード・ゴードン氏が就任し、アンソニー・フーパー氏の後を継ぐ。

  同社がこれと同時に発表した4-6月(第2四半期)決算はアナリスト予想を上回った。同社はまた、通期の売上高と利益の見通しをそれぞれ引き上げた。4-6月の売上高は60億6000万ドル(アナリスト予想は57億3000万ドル)。2018年については、売上高225億-232億ドル(従来は219億-228億ドル)、調整後1株利益13.30-14ドル(従来は12.80-13.70ドル)を見込むと明らかにした。

  26日の米市場では、通常取引終了後の時間外取引でアムジェン株が一時1%高となった。

原題:Amgen Replaces Two Top Executives, Beats Quarterly Estimates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE