【NY外為】ドル上昇、貿易から米成長に焦点シフト-ユーロ安い

更新日時
  • ライトハイザーUSTR代表、NAFTA合意に楽観示す
  • ユーロ下落、来年夏の終わりまでの金利据え置き方針をECB表明

26日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要10通貨の全てに対して上昇し、ブルームバーグのドル指数は1週間ぶりの大幅上昇となった。貿易関連の動きが引き続き材料視されたが、投資家の注目は翌日発表される4-6月(第2四半期)の米実質国内総生産(GDP)に移った。

  ドルは主要通貨のうち、オーストラリア・ドルやニュージーランド・ドルに対して特に値上がりした。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関し、「最終的な詰めの段階にあると期待する」と述べたことを受け、ドルは一段高となった。また、27日の米GDP発表を控えて発表された6月の耐久財受注統計で、コア資本財の受注が3カ月連続で増加したことも、ドルの上昇を支えた。

  一方でユーロは下落。欧州中央銀行 (ECB)が少なくとも2019年の夏の終わりまで政策金利を据え置くことをあらためて表明したのを受け、1週間ぶり安値を付けた。

  ニューヨーク時間午後4時40分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%上昇。ドルは対円で0.2%高の1ドル=111円23銭、対ユーロでは0.7%高の1ユーロ=1.1646ドル。

  ドルは新興国通貨の大半に対しても上昇。米国人牧師がトルコで拘束されていることにトランプ米大統領が抗議し、同国に対する「大型制裁」を警告したことから、ドルはトルコ・リラに対して1.8%上昇した。

欧州時間の取引

  ECB政策委員会の決定発表前の段階で、ユーロはドルに対し小安く推移、0.2%安の1ユーロ=1.1707ドルを付けた。ブルームバーグのドル指数は0.1%上昇。日本銀行が来週の金融政策決定会合で金融緩和策を微調整するとの観測が広がる中、円はドルに対し続伸した。

原題:Dollar Climbs as Growth, Trade in Focus; Euro Drops: Inside G-10(抜粋)
Euro Slips Ahead of ECB Policy Decision, Yen Climbs: Inside G-10

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE