米大使館外爆発、単発の事件と中国当局-女性が油かぶったとの報道も

  • 内モンゴル自治区出身の男が爆発物を爆発-北京市公安局
  • 米大使館外でガソリンかぶった女性を警察が連行したと環球時報

26日に北京の米大使館外で起きた爆発について、中国当局は他からは切り離された「孤立」した事件で重大ではないとの見解を示し、事態の沈静化に努めた。

  北京市公安局がソーシャルメディア微博の公式アカウントで発表した情報によると、内モンゴル自治区出身の26歳の男が現地時間午後1時(日本時間同2時)ごろに爆発物を爆発させた。男は負傷し病院で治療を受けたが、命に別状はないという。

  米大使館の報道官は「爆発犯以外に負傷者はなく、大使館施設に損傷はなかった」との声明を発表した。

北京の米大使館前で証拠物件を運ぶ当局者

写真家:Gilles Sabrie / Bloomberg

  爆発は米大使館敷地の南東の角、天沢路と安家楼路の交差点にあるビザ手続き用施設入り口付近で発生。周辺にはインドや韓国など複数の国も大使館を置いている。午後3時までにはビザ申請者は再び列をつくった。

  中国外務省の耿爽報道官は、事件が地元警察によって適切に処理されたと説明し、「単独の治安事件だ」と述べた。

  また、環球時報が目撃者談を基にツイートを通じて報じたところによると、警察は同日午前11時ごろ、同じく北京の米大使館外で自分にガソリンをかけた女性1人を連行した。同紙は別のツイートで、2つの事件の関連は明らかにされていないと伝えた。

原題:China Calls Botched Bombing at U.S. Embassy ‘Isolated’ Case(抜粋)
Police Took Away Woman Outside US Embassy in Beijing 11am: Times(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE