Photographer: KM4/iStockphoto

ECB、政策メッセージを正しく伝えるのは英語版ー混乱解消図る

Photographer: KM4/iStockphoto

欧州中央銀行(ECB)の考えていることを確実に理解するには英語が分からなければならない。アナリストらは過去6週間、ECBの6月声明のフランス語版とドイツ語版について悩んでいた。これを受けてECBは26日の声明に、政策委員会が合意した正確な内容については「英語版」を参照するようにとただし書きを付けた。

German: “Der Wortlaut, auf den sich der EZB-Rat verständigt hat, ist der englischen Originalfassung zu entnehmen.”
French: “Veuillez consulter la version anglaise pour les termes exacts approuvés par le Conseil des gouverneurs.”

  6月声明の中の「少なくとも2019年夏の終わりまで」金利が現行水準にとどまるという部分から、アナリストらは利上げの時期を推測しようとしているが、この文言の英語以外のバージョンは改訂され、利上げ時期について異なるメッセージを発しているように見受けられた。

  ドラギ総裁は26日の会見中の質問に対し「政策委は英語で会合を行い英語での声明について合意する」とし、「政策メッセージを正しく伝えるのは英語版だけだ」と述べた。

原題:It’s Best to Know English When Interpreting ECB Policy Statement(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE