欧州自動車株が上昇、トランプ大統領とEUの関税巡る「停戦」好感

26日の欧州株式市場では自動車株が大幅上昇。トランプ米大統領と欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会のユンケル委員長が貿易を巡る対立で「停戦」したことを好感した。

  フランクフルト時間午前10時55分時点では、BMWが前日比2.5%高、フォルクスワーゲンが3%高、ダイムラーは1.1%高、ミラノ市場に上場するフィアットは4%高。

  トランプ大統領は米国に輸入される欧州製自動車に関税を賦課する意向を示していたが、25日にユンケル委員長と会談し、EUが米国産液化天然ガス(LNG)と大豆の輸入拡大および工業製品の関税引き下げに向け米国と交渉する間は、新たな関税を導入しないことで合意した。

原題:Carmakers Surge After Trump Agrees to Put Auto Tariffs on Hold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE