Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

シンガポールのファミリーオフィスは現金比率40%維持-デフレに備え

  • カメットの現金比率、業界平均の5%以下に比べ超保守的ーBofA
  • 下方リスクにうまく対処できれば、上方向は何とかなるーゴーCEO
Photographer: SeongJoon Cho/Bloomberg

シンガポールに本拠を置くファミリーオフィスのカメット・キャピタル・パートナーズは、地政学的な緊張や米国の金融引き締め局面で世界の資産価格が下落する場合に備え、高水準の現金を保有している。

  カメットのケリー・ゴー最高経営責任者(CEO)はインタビューで、運用資産の約40%を現金で維持する方針だと語った。バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの最新の月次調査によると、現金比率は5%以下が一般的な資産運用業界からすれば、これは超保守的なポジションだ。

 「調整の可能性が高まりつつある」とみるゴー氏(46)は、米国と中国の超大国間の対立に、米金融当局の量的緩和(QE)プログラムの前例のない巻き戻しが重なり、富裕な投資家にとって不透明な状況を引き起こしていると語った。同社は中国の資産家の資金を運用する。
 
  ゴー氏によると、マーケットに対するカメットの慎重なアプローチは、投資先がエール大学など米大学の居住施設であることからも説明がつく。学生向け住宅の需要は景気悪化の影響を受けにくいとみられるからだ。これらと他の未上場資産がカメットのポートフォリオで現金に次ぐ2番目に大きな資産配分先になっているという。同氏はカメットの運用資産額を明らかにしていない。

  より好ましい環境では投資エクスポージャーを拡大し、収益を増やすためレバレッジの活用に備えると語ったゴー氏だが、現時点では警戒が合言葉だ。「われわれは保守的な姿勢で、リスク管理に重点を置く必要がある」と述べた同氏は、「下方リスクにうまく対処できれば、上方向は放っておいても何とかなるだろう」と語った。
          

原題:Singapore Family Office Hoards Cash Amid China-U.S. Tensions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE