豪マッコーリー:ウィクラマナヤケ氏を次期CEOに指名-女性初

  • ウィクラマナヤケ氏は1987年入行、現職は資産運用部門の責任者
  • ムーアCEOは11月末で退職、在任10年間に株価は2倍余りに上昇

オーストラリアの投資銀行マッコーリー・グループは26日、ニコラス・ムーア最高経営責任者(CEO)が退職し、シェマラ・ ウィクラマナヤケ氏が後を引き継ぐと発表した。

  発表資料によれば、ウィクラマナヤケ氏(56)はグループ初の女性CEOとなる。1987年入行。現在は資産運用部門の責任者を務めている。英国で生まれ、家族と共に豪州に移住してきた同氏は、豪企業上位20社(時価総額ベース)で唯一の女性CEOとなる。

  過去10年にわたり同行を率いてきたムーア氏(59)は11月30日付で退職する。在任期間に同行の株価は2倍余りに上昇した。

原題:Macquarie Names Wikramanayake First Woman CEO; Moore Retires (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE