貿易戦争は「単なる雑音」になりつつあるのか、世界株が実は好調

  • MSCI世界株指数、7月は1月以来最高の月間上昇率になる勢い
  • 新たなリスクオン局面が始まる可能性-アバディーンのヒックモア氏

Traders work on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE).

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

貿易懸念とは一体何だ。

  25日の米国株は5カ月ぶり高値で終了、オーストラリア株は10年ぶり高値圏で推移、カナダやインドなどの株価指数も過去最高あるいはその付近で取引されている。

  このような株高は、差し迫る貿易戦争が世界経済を今まさに悪化させようとしているという話とまるで食い違っている。むしろ、中央銀行による景気支援継続や、企業決算シーズンの期待を上回るスタート、米国や中国から聞こえる保護主義的レトリックへの関心の低下が組み合わさり、リスクテーク意欲をいかに刺激しているかが明確に示されている。MSCIの世界株指数は今月これまでに2.8%上昇し、1月以来最も良好な月間パフォーマンスとなる勢いだ。
                      

  為替ブローカーのFXTMで通貨戦略・市場調査責任者を務めるジャミール・アーマド氏(キプロス在勤)は、貿易戦争を巡る緊張は「こうした国々の成長にまだ影響を与えていない」と述べ、「潜在的な買い手にとってバリュエーションは魅力的に見える」と語った。

  リスク意欲が確認できるのは株式市場にとどまらない。米国の信用スプレッドも今月低下し、いわゆる安全資産需要は低迷している。10年物の米国債利回りは過去2週間で11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇。1ドルが110円を上回って推移する期間は1月以降で最も長期化、金価格は1年ぶりの低水準にある。

  アバディーン・スタンダード・インベストメントのシニア投資マネジャー、ルーク・ヒックモア氏(エジンバラ在勤)は24日、貿易絡みのリスクは行き過ぎに思えるとブルームバーグテレビジョンのインタビューで述べた上で、「少なくとも向こう数週間の間に新たなリスクオン局面が始まる可能性がある」と予想。「トランプトレードといったものは、単なる雑音になりつつある」と語った。

原題:Stock-Market Boom Shows Trade War Becoming Background Noise (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE