長期金利が0.10%に上昇、昨年7月以来の高水準ー日銀政策調整観測

  • 決定後に指し値オペで新たなレンジを示す可能性-東海東京証
  • 長期金利は0.09%で開始後、午後0.10%に水準切り上げる

黒田総裁

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

国内債券市場で長期金利が1年ぶりの高水準を付けた。日本銀行が来週の金融政策決定会合で現行の金融政策の調整を検討するとの観測を背景に、長期ゾーンに売り圧力が掛かっている。

  長期金利の指標となる新発10年物国債利回りは0.09%と、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値を2.5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回って取引を開始。約5カ月半ぶりに指し値オペが実施された今月23日に付けた高水準に並んだ。その後、午後に入って再び売り圧力が強まると0.10%と、2017年7月7日以来の高水準を付けた。

  東海東京証券の佐野一彦チーフ債券ストラテジストは、日銀は金融緩和策の副作用対策として長期金利の誘導目標は引き上げず、「副作用にも配慮」や「市場の変動性を高める」といった文言の追加か修正にとどめるだろうと指摘。ただ、「後者は長期金利の変動幅拡大を意味し、現在の上下おおむね10bpから15bpや20bpへ。30bpだとゼロ%から離れ過ぎ。決定後にシグナル的な指し値オペで新たなレンジを示す可能性が高い」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE