USスチールとAKスチール、時間外で株価下落-米欧が関税巡り合意

  • トランプ大統領がEUとの鉄鋼関税を「解決する」と表明
  • 両社は鉄鋼価格の変化に敏感だとみなされている

USスチールとAKスチール・ホールディングの株価が25日の時間外取引で下落した。トランプ米大統領は欧州連合(EU)と鉄鋼関税問題を「解決する」だろうと表明した。

  • 米株式市場の通常取引終了後の時間外取引でニューヨーク時間午後5時27分(日本時間26日午前6時27分)現在、USスチールは3.5%安の36.91ドル、AKスチールは2.5%安の5.09ドル
  • トランプ大統領と欧州委員会のユンケル委員長は米EU間の貿易戦争回避を目指すことで合意
    • 米通商拡大法232条に基づく輸入関税は今年これまでに国内の鉄鋼価格上昇に寄与し、米鉄鋼メーカーに恩恵を与えている
    • 両社は鉄鋼価格の変化に最も敏感だとみなされている

原題:U.S. Steel, AK Fall Post-Market as U.S., EU to Reassess Tariffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE