フェイスブックの4-6月、売上高が予想下回る-不祥事重なる

更新日時
  • 1日当たりのユーザー数もアナリスト予想に届かず
  • 発表やCFO発言を受けて同社の株価は時間外取引で急落
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

フェイスブックのが25日発表した4-6月(第2四半期)決算によれば、売上高や1日当たりのユーザー数平均がアナリスト予想を下回った。プライバシーやコンテンツを巡る不祥事を受けて、ユーザー離れの初期の兆候が出ている。

  デービッド・ウェーナー最高財務責任者(CFO)はアナリストとの電話会議で、売上高の伸び鈍化が年内いっぱい続くとの見通しを示した。時間外取引で既に約7%下げていた株価は、ウェーナーCFOの発言を受け、下げ幅を拡大して一時23%安となった。

ウェーナー最高財務責任者(CFO)

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

  4-6月は個人情報を巡る問題に厳しい目が向けられた時期でもあった。マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は同社の不手際について米議会で数時間にわたって証言した。欧州では、域内のユーザー数減少につながる可能性があるとフェイスブックがかねて警告していたプライバシー保護に関する新規制も導入された。また、偽情報が暴力を招いたミャンマーやスリランカなどでコンテンツに関する同社のポリシーへの批判が高まった。

  ピボタル・リサーチ・グループのアナリスト、ブライアン・ウィーザー氏は「フェイスブックの中核的なプラットホームは下降基調にある」と述べた。

  25日の同社発表資料によると、売上高はモバイル広告収入を追い風に42%増の132億ドル(約1兆4700億円)に達したが、アナリスト予想(133億ドル)に届かなかった。売上高がアナリスト予想を下回ったのは2015年以来となる。

  ウェーナーCFOは電話会議で第3、第4四半期共に売上高の伸びが減速し、前の期を一桁台後半のポイント下回るとの見通しを示した。17年第3、第4四半期の売上高は前年同期比でともに47%増だった。

  同社によると、6月の1日当たりのアクティブユーザー数(DAU)は14億7000万人で、ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均の14億8000万人を下回った。米国とカナダのユーザー数は1億8500万人と横ばいだったが、欧州で2億7900万人に減少した。全体でのDAUは前年同月比で11%増えた。

  同社はモバイル広告分野でアルファベット傘下のグーグルと並んで引き続き優位にある。フェイスブックによると、広告全体に占めるモバイル広告の割合は4-6月期に91%と、前年同期の約87%から上昇した。

  一方、4-6月の純利益は51億1000万ドル。1株当たりでは1.74ドルで、アナリスト予想平均の1.71ドルを上回った。

  従業員数は6月末時点で3万275人と、前年同月比47%増加した。

原題:Facebook Revenue, User Growth Miss Estimates as Scandals Hit (2)(抜粋)

(2段落目以降にCFOの発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE