フィアット・クライスラー:通期予想を下方修正、株価急落で取引停止

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は通期の業績予想を下方修正した。4-6月(第2四半期)も中国の販売不振が響いた。

  この発表でミラノ市場に上場する同社株は急落し、一時取引停止に追い込まれた。再開後には11%安まで下げる場面があった。マイク・マンリー新最高経営責任者(CEO)にとっては、厳しい船出となった。

  FCAは25日、通期売上高を1150億-1180億ユーロ(約15兆-15兆3000億円)と予想していると発表。従来の見通しは1250億ユーロだった。通期の調整後利払い・税引き前利益(EBIT)見通しは75億-80億ユーロとし、従来予想の約87億ユーロから引き下げた。

原題:Fiat Chrysler Cuts Financial Targets as China Results Disappoint(抜粋)
Fiat Chrysler Cuts Financial Targets as China Sales Flop (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE